借金完済への決意★30代はある意味人生の折り返し地点だと思う…

アラサー主婦

こんなタイトルでお送りしていますこのブログ。

すずめの実年齢はと言いますと、33歳でございます。

ギギギ…ギリ、アラサー。。

もうどっぷり30代に浸かっておりますので、近いうちに『アラサー』の看板も下ろさなければなりません。


さて、昨年の中頃に本腰を入れて借金返済へと舵を切り始めたすずめですが、日増しに(早く完済したいな~)という気持ちが大きくなっています。


suzume-syou.jpg



借金完済への決意

自転車操業していた借金生活がいよいよ回らなくなるかもという不安と、この年になってまで何やってんだろう?という自分への憤り。
こんな気持ちで借金の完済、そして完全決別を決意しました。


はじめは『お金が回らなくなる』という焦りの面が強かった『借金返済への想い』ですが、借金と向き合えば向き合う程年齢的な面も考えるようになりました。


20代とは違う30代
現在30代も中ほどに差し掛かり、確実に20代とは違うものだなと実感しています。
20代は仕事・家庭・遊び。新しく始めることが多く、良くも悪くもがむしゃらに、そして一生懸命になっていました。
(一生懸命借金も増やしました(。-∀-))

30代になると自分自身も周囲も、ずいぶんと落ち着いてくるものです。
生活というものの基盤ができ、自分と配偶者のこの先の収入の見通しもやんわりと想像がつき、この先歩む道がわずかですが見えてきます。

そしてこれからの人生、必要なお金についても分かるようになってきます。
老後のこと、どちらかが働けなくなった時のこと。
そんなことを考えると、借金なんかしている場合ではないと焦ってきました。








30代は人生の折り返し地点かもしれないと考えた時

この先の給与所得があるサラリーマン人生が65歳までとすると、30代は20代の転換期を経て落ち着きながら頑張る期間。そして40代での成熟期を前とした、ある種の重要な折返し地点だと考えるようになりました。

本当ならば生活面はもちろんのこと、仕事面でも充実を感じ金銭面でも少しずつ余裕が出てくるはずの30代。
せっかくの働いたお金を、家族や自分の為に有意義な使い方をしたいのに、そうやって過ごしている人もたくさんいるのに、自分は何をやっているんだろう…と。

これからの人生の基礎となりそうな大事な30代なのに…。
『何とかなる』で過ごしてきた20代とは違うんだ…。そう考えると、ますます焦りを感じてしまいます。


…焦ったからと言って、毎月の返済を粛々と続けていくだけなんですが。。。(◞‸◟)


何とか40代までには完済したい!
今の返済計画で進めると、あと5年。38歳くらいで完済を迎えることができます。

借金に費やしたお金と時間は返ってこないけれど、笑って40代を迎えたい。
借金を完済して、名実ともに成長して40代を迎えたい。



そんなことを昨晩のお風呂時間に悶々と考えてしまったすずめでした。
はやく完済したーい(。-∀-)



ランキング参加中です!!
↓↓応援、よろしくおねがいします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

この記事へのコメント